震災から一年。震災を機に建物行政。建物に無駄な税金を使うより、豊かな発想を考えたいと思う。

 震災から後数日で1年になる。水戸市では市役所が使えなくなり、多額の税金を使い新庁舎を立てる計画が出てきている。他の各市町村でも新庁舎の計画が持ち上がっていてどれだけの税金がこのものにつぎ込まれるか解らない。  このお金はどこから捻出するのかも無いまま、震災という名で建物行政に使われていくことが望ましいかをそろそろ考えなければいけない時期であろう。もちろん、建物を建てるべからずというわけで…

続きを読む

ニュージーランド沖のM7.8の地震と7月末に起きそうな日本の地震?

 あくまでも、2011年の2月22日に起きたニュージーランド沖の大地震で日本の留学生が20数人亡くなった報道から約20日後に東に本題震災が起きた。日本とは気候が反対になっている南半球の出来事だが、この地震と今回の大地震との関わりはないとは言い切れない。ちょうど100日が過ぎて少し、地震から開放された安心感でいろいろなことを考えられる余裕が出てき始めているが、まだまだ、この巨大地震の大きな余震…

続きを読む

日本列島の各地で震度4クラスの地震が起きている!東南海地震に気をつけなければ。

 このごろ、今までとあまり、関係ないところでやや大きめの地震が起きているのが気になる。鳥取のほうで震度4や新潟でも5弱の地震が起きている。  東日本大震災で30mほど地盤が東に動いて影響で、日本全体にひずみは来ていることは間違いない事実だ。300年前の宝永の大地震も東海南海地震の前に同じような地震が東北のほうで起きていることを考えれば起きても不思議ではない。  江戸時代にしてもそうだが、…

続きを読む

本当に東京電力に責任があるのか。この原発を販売したGEの販売や設計責任は?

 この福島の原子力発電の事故が収集の付かないまま、果たして東京電力が最大の悪者にされているが、この原子力発電を推進したある新聞社の野球でも有名な方や長老としていまだに国会議員中曽根元総理大臣とかの推進した国策を東京電力に押し付けたのではないだろうか。  原子炉を売りたいアメリカのGE社の大きな働きかけで、日本の地震や津波の事情を解らないGE社の設計の通り日本の東芝が中心になって作っただけで…

続きを読む

3ヶ月の大きな余震はあるのか?備えあれば憂いなし。

 ジャカルタの地震でも、3ヶ月後に大きな余震があった。災害でも関係ない無いところに地震が発生しているところを考えれば、思わぬ地震が起きることも考えられるので要注意。  東日本大震災が起きてから、九州や北海道にまで地震が頻繁に起きていて、中越では今日も震度5強の地震が起きている。特に東日本大震災の起きた場所や中央構造線の断層でも地震の層が影響を受け活発になっているのが気になる。3ヶ月まで、後…

続きを読む

300年周期の大地震。原子力の安全基準が600ガルでは、原子力発電所は危ない!

 原子力安全基準の建屋が600ガルの耐震性で本当に大丈夫なのであろうか?阪神淡路大震災が700ガルの震度があったという。今回の東日本大震災では、津波が問いただされているが、原子炉の問題は、本当は地震が大きな問題ではないだろうか。  600ガルの耐震基準では、今回の300年に一度の大震災の威力は大きく、原子炉にダメージを与えてしまったのだろうと思われる。今回の地震で地震の最大のガル数は、2,…

続きを読む

3月11日の地震から2ヶ月、まだまだかかる復興の状態。比較的被害が軽いと思われがちな水戸。

 道路はほとんど通れるようになったが、結構、水戸市内の特に市役所周りの昔、湖の一部だったところは液状化が出て、全体的に酷い状態だ。もちろん、市役所は、市役所の機能を分散化させた状態で稼動しているが、軟弱な場所に40年ほど前に建てたのがこの震災であだになり、使用できない悲惨な状態だ。  まだ、屋根などの修理は終わらず、ブルーシートがかぶさっている状態であり、塀は崩れたままで塀を建てているとこ…

続きを読む

徳川斉昭が作った大学の始まり「弘道館」の震災の被害。

 水戸の駅から歩いて10分と近いところに江戸時代の後期に作られた弘道館がある。医学や歴史学を学ぶ大学の初期型の水戸藩の学校があったところだ。幕末に15代将軍の徳川慶喜の父親として歴史に登場してくる徳川斉昭が創設した「弘道館」がある。  今回の震災で、塀が崩れ落ち、その上に乗っていたかわらはほとんど落ち壊れてしまった。水戸の偕楽園とともに春の梅の名所の公園になっている。偕楽園ほど有名ではない…

続きを読む

2011年4月29日の東海南海大地震が浜岡原発を壊滅的な状態にしたら大変なことになる?

 東日本大震災が大きな傷跡を残し、原子力の安全神話が壊れた。壊れて当然の結果で、原子力発電の建屋は、500ガルの耐震強打だという。阪神では700ガルで、阪神大震災級の地震が来ても、壊滅的な発電所の破壊になるのは、福島の第一原発を見ても解るだろう。  今回の一番恐ろしい点は、東関東大地震で、日本の断層に綻びが出ていることだ。各日本の秋田、静岡、九州にまで今回のM9.0の地震は、活断層に刺激を与え…

続きを読む

想定外の地震は、日本のどこでも起こりうる可能性がある?

 太平洋プレートと陸のプレートの関係で、年間に太平洋プレートは8cm動いているらしい。これが今回の東日本大地震では、24m動いたのが確認されている。つまり、300年分のエネルギーが今回地震となって起きた。   東京大学の理学部のロバート・ゲラー教授が今日の朝日新聞で述べていることは、地震が起きていないところではこの様に8cmの移動に対して、だんだんとエネルギーが貯められている状態がM9.0…

続きを読む

1日遅れの大きな余震が今あった。今までのデータは、役に立つもの!とりあえず、余震対策は万全。

 やはり、大きな余震が来た。停電が東北各地に広がっている。1日遅れの大きな余震が噂になっていて、噂というのは変だが、データ通りの大きな余震の発生となった。  昨日、その期限の4月6日が過ぎたので、やや安心していたが、今日の4月7日に突然大きな余震が来てしまった。この根拠になったのは、阪神淡路や中越大震災での大きな余震が23日後にあったことからこの噂が広がった。1日送れとはいえこのデータがほ…

続きを読む

300年周期の大地震と津波。300年前は、宝永の大地震に富士山の大噴火!

 NHK九州での放送されていた300年ごとに大地震が繰り返し起き、津波が九州にも襲っていたという事実。私は、このTVを見ていたわけではないが、あながち、富士山の大噴火がありえる状況になってもおかしくない状況が今の日本の地殻変動に起きているようである。  300年前に起きた地震は、東北から誘発された地震が、東南海大地震になり、九州まで大津波に襲われたという話で、津波の高さは12mほどの高さに…

続きを読む

4月6日の今日の大きな余震があるとの噂話が終わるまであと6時間ほど。2度あることは3度ないか。

 中越地震や阪神淡路大震災の23日目の大きな余震の時間があと6時間になっている。あくまでも、誰かが調べて話がネット上に載り、伝わっていったものだが、この様な事柄は意外に広がるのは早いようである。自分でもこの機会にいつ震災が来るか解らないので、食料を調達しに言って帰ってきたばかりでブログを書いているが、今のところ何でもなさそうである。  街の様子も普通に動いているようなので、取り越し苦労であ…

続きを読む

4月29日の富士山の噴火説?宝永の富士山の噴火が約300年前の今の状況に酷使している点。

 宝永の富士山の大噴火があったのは1707年。東日本大地震が起こる前の記述では、日本最大級の地震である。この宝永の大地震が起こり、日本列島は東海、南海の地方に大きなダメージを受けたその後、49日後に富士山が大爆発を起こしたのである。  つまり、大きな地震が富士山の活断層を刺激して火山活動を刺激したようである。富士山は、基本的に煙は出ていないが、立派な活火山である。この東日本大地震が起きてか…

続きを読む

4月6日の東日本大地震の余震?今日、この地震はあるのだろうか。今日も、穏やかな日々が始まる。

 4月6日の穏やかな日々が晴天と共に始まった。昨日、聞いたばかりの26日目の大余震説の朝が来た。あと、18時間の間に何もなければいいと思う。朝、車で湖の横を走ってきたが、穏やかで鳥たちも地震の予兆を感じての行動はない様である。鳥たちの予知能力が何時間前に働くかは解らないが、日常の風景を見ながら、安全をチェックするのも心がけとしては良いと思える。  この26日目の大余震は、過去、大きな中越地…

続きを読む

今日の大地震の大きな余震の話は、中越や阪神の大地震の26日目からきている話。

最近あった記憶のある大地震の26日目に大きな余震があった話、なかなか当事者ではないから解らない。しかし、用心には用心を重ねておくには、いざ、本当に地震の大きな余震があったときに右往左往しないものである。 しかし、データ分析とは面白いもので、3匹目のドジョウはいるのだろうか。

続きを読む

4月6日の東日本大地震の余震がある話。いつの間にかブログから消滅?の不思議は何?

 自分の勘違いでなければいいのだが、明日の4月9日に地震の大きな余震があるという話を聞いて、ガソリンを入れておいたとの話をブログで書き込んでいたら、いつの間にか削除されていた。イージーミスで自分で編集した覚えがないが、消えたミステリーはなんだかわからない。  この噂話は、かなりの人のところまで浸透している状態であるようだ。もしなくても、心構えをしておく点ではいいだろうし、不謹慎だとも考えな…

続きを読む

塀の上に乗る蔵?支えているのは公園の木。青空が地震の遭ったのを忘れさせる。

 塀の上に蔵の2階部分が乗っかり、塀が倒れそうなところを公園の木が支えているという不思議な構図のものだ。地震の揺れ方で下の部分がゆれ、その勢いで塀に蔵の2階部分が乗ってしまった。塀が倒れてくるのをたまたま隣接している塀が支えている形になっている。  偶然が重なる状態でなければ、単純に蔵は崩壊し、壁は倒れ、気も倒れるということになるが、さすがに自然の気の力も強く、この蔵と壁の重さをバランスよ…

続きを読む

東北関東大震災の49日のあとに富士山の噴火があるのか?宝永の大噴火の予兆に似ている!

 1854年に安政東海地震があった。その49日後に今も盛んな活火山のひとつの富士山が噴火したのである。これが宝永の富士山の大噴火である。これは地震の影響を受けて、富士山の活火山の活動が誘導されての富士山の大噴火になっている。  今回の東北関東大地震が引き金になり、富士山が誘導され、先日、富士吉田市の大きな地震を引き起こし、次の富士山爆発にとなりかねない。  富士山は、複式の火山帯で、富士…

続きを読む

今回の東北関東大震災で意外に多く壊れた液晶テレビ。テレビの固定の薦め。

 水戸は、震度6強でブロック塀などが壊れたり、レンガ造りのものが全壊する大きな被害も会ったが、新築の耐震性のある家では、地盤がしっかりしている家では、壁などにひび割れが出来たりした程度に終わった家が多い。  しかし、意外に多かったのが、地上波デジタルで、去年のエコポイント前に購入した液晶テレビの破損が多かった。液晶のパネルが壊れて、どうしようも無い状態らしい。知り合いに何人か地震後に会い、…

続きを読む

東北関東大震災6日目。少し落ち着いたので、お墓の様子を見に行った。水戸発。

 家の中の片付けも終わらないまま、仏壇を直していて、お墓の様子が気になったのでお墓に行ってみた。水戸の中心地にあるお寺なのだが、お寺の状態は悲惨であった。  約3分の1の墓石が倒れているか、壊れている状態であった。家の墓は、墓石が上に高いタイプの墓石でなかったので倒れずに済んでいたが、自分の家の墓石に行くまで、かなり不安定な墓石や墓が壊れていて、気をつけないと墓石で怪我をするか、死傷する状…

続きを読む

東北関東大震災の大きな爪あと。JR常磐線は開通のめどただず。水戸発。

 常磐線葉、北のほうに行けばいくほど壊滅的な被害を受けている。あと少しで東北関東大震災から1週間になるが、土浦以北の常磐線の開通の見込みは無い。常磐線の線路の状態ももちろんだが、駅が壊滅的な状態で使えないようになっている。  水戸の駅ビルの崩壊や以北の勝田駅などの駅全体がゆがんでいて、直すのにかなりの時間を要するようである。水戸の駅を見ただけでも、駅のエントランスに入るところにさえ入れない…

続きを読む

地震5日目!水戸発。カワチ薬局に食料品を購入に行く。人数制限の食料品購入。

 さすがに5日目になると食料品が無くなり、スーパーマーケットに購入に行く。購入に行ったのは、目薬を購入したかったのでカワチ薬局に。  パンなどの食品は、無く売り切れている。せんべいやインスタント食品は意外にあり、カップ麺もまるっきり無いわけではなかった。しかし、日常の食品の鮮度が決まっている豆腐や納豆などのものはまったく無い。  流通がまだ再開されていなく、道路の整備がなされていない状態…

続きを読む

地震5日目の水戸発。野菜などの食べ物は比較的手に入れ易い。

 水戸市は、比較的茨城県の中では、電気、水道などの復旧は早く、普段の生活に近い状態になっている。まだまだ、食料を購入するには手に入らないものが多い。  野菜などは、さすがに農業県で普通よりも高いが、水戸市内の空き地でトラックに積んだ野菜を持ってきて販売している。水戸の中心地でのこうした活動が行われ、水戸市以外からも購入に来ている。近くには京成デパートでの食料品の販売が10時から14時まで販…

続きを読む

大事な食器は箱に入れて保管したほうが安全!震度6強の地震、水戸発!

 震度6強で解ったこと。大事な食器は、食器戸棚にそのまま入れないこと。複雑に棚の動きで食器が粉々になってしまう。食器戸棚の前面はアクリル板の食器戸棚を家を建てるときに選んで、作り付けにしてもらったが、約3分の1が壊れてしまった。   特に重いものは扉から出てしまい、自重で粉々になってしまった。地震の揺れが5分間と長かったために下の引き出しが出て、その上に棚が開いて、食器が落ち、上から落ちた…

続きを読む

東京電力「記者会見3兄弟と口の利き方が解らない馬鹿記者」の福島原発記者会見バトル。

 東京電力本社の福島県原子力発電所の地震による事故の記者会見も皆さんはご覧になっているかと思うのですが、何か違和感を覚えませんでしょうか?  記者会見で東京電力の発表の準備の悪さと資料を使う説明の酷さには目を覆いたくなるのは解らないわけではないが、それにもまして、記者たちの罵倒とも言える質問には嫌悪感を覚えてしまう。それよりも、話を聞きだすためであれば、あのような口の利き方は無いものと思わ…

続きを読む

私の地震対策。水戸発。東日本大地震に備えてあったもの。

 関東地方にいずれ大きな地震が来ること考えて日ごろ備えていたもの。水2リットル12本分。カップ麺20個。レトルトカレー10食分。ガスコンロ。電池、エネループ単三12本分と単一アダプター6本分。単三は充電済み。カーナビゴリラ。  大まかな地震に備えていたものは以上の通りでした。水、ガスコンロ、カップ麺はとりあえず、食事で問題は無く、ホットーケーキの元や小麦粉もあったので、フライパンでお好み焼…

続きを読む

異常な光景を見る!ガソリンを購入するのに30分から1時間。どれだけの無駄なアイドリング!

 異常な事態が進んでいる。ガソリンを購入するために1時間ほど並びガソリンを購入する風景が眼下に広がる。緊急車両と共に一般車両が並んでガソリンを入れる風景は異常だと思う。  この東日本大震災で、ガソリンや物の供給が陸路を使い流れていかないのが現状で、関東以北の高速道路は使用できない。災害の現場でも、ガソリンの供給源になる海岸が地震の津波によって壊滅しているからだ。  このガソリンを購入する…

続きを読む

水戸発、3日目。水戸の街を歩いて驚愕!地震は大きな爪あとを残す。

 部屋の状態も少し片付いてきたので、駅のほうに歩いて街の様子を見に行った。水戸にも、徳川家康を祭る東照宮が駅前にある。その東照宮の駐車場が崩落した。東照宮の本殿は駐車場の上にあるが、その本殿を支えるための壁が大きく崩れてしまったようである。  当日は、車に取り残されていて、レスキュウ隊がこの車のガラスを割り、救助をしたそうである。車は、6台ほど壁の近くにあり、見事に壁の崩落により、ギロチン…

続きを読む

水戸発、地震の写真。ルイ・ビトンも地震にはかなわない!

 水戸の京成デパートにあるルイ・ビトンも地震の被害にあった。ルイ・ビトンの回りの地盤はめくれ上がり、ディスプレーの窓枠は補正されていたが歪んでいる。  さすがにルイ・ビトン、ディスプレーの補正を2日目には直したが、全体的なダメージを受けたために良く見ると歪んでいる枠に品物が並んでいる。  地震が起きた直後には、商品は散乱していてガラスが割れていた。 【小豆島山下屋】手造りdon…

続きを読む