水戸ブログNo120/和菓子の新妻の麩饅頭

 水戸の中心地から少し離れたところにある小さな和菓子点である。ここで販売されている麩饅頭が独特の柔らかい生麩の感触と生麩に練りこまれているヨモギの葉の香りが美味しい。中には、黒餡が入っていて麩のあっさりした味とあんの甘さがマッチしていていい。  小さな和菓子屋さんであるが、饅頭を揚げた揚げ饅頭など面白い和菓子が置いてあり、今までの和菓子を少しアレンジした和菓子が置いてあるのも特徴である。 …

続きを読む

水戸ブログ/MitoBrogNo.116/ランチの豆腐がうれしい「梅み月」

 水戸市内にある和食屋さん。健康に良い食材は、ヘルシーなつくば地鶏など、体に優しい食材がうれしい梅み月。ランチは、豆腐のサービスがあり、出来立ての豆腐をいただける。豆腐がおいしくうれしいサービスだ。  ランチは、そばがベースのランチとわっぱ飯のランチの二つが主なランチのメニュー。天ぷらや刺身の定食から選択出来てカロリー控えめなメニューが体に優しそうだ。値段は980円から1580円がランチの…

続きを読む

水戸ブログ/MitoBrogNo.115/建物が面白い洋菓子屋「パティスリーシュール」

 最近出来た洋菓子屋さんで、店の前には銀色の果実造形作品があるお店である。このお店に入ってみると店内は、シンプルなほどサッパリしている。洋服屋のブティックを思わせる店内には、奇麗なケーキや焼き菓子が品良く置かれている。  買ってきたのは、写真のモンブラン。価格は400円で、まさに栗とクリームだけで仕上げた栗好きの私には幸せなケーキであった。他に、かりっとした皮のシュウクリーム160円。大き…

続きを読む

海洋深層水のダイドーのMIUの水レモン

 レモンの味がする水をベースにするものは意外にレモンの味が濃すぎる場合がある。このダイドーから発売されているミューは、そのレモンの味が抑えめに味付けがされていて、気にならない水の味に仕上げられている。水が主なのか、レノンお味が主なのかでは、これは水が主である飲み物だ。  海洋深層水は、日本海のかなりの深海から水をくみ出したいて、地球規模での水の循環した水を汲み上げている。その水は、軟水の柔…

続きを読む

水戸ブログ/MitoBrogNo.114/本当のうどんがおいしい店「丸亀製麺」

 香川県行って本当のうどんは食べたことがないのだけれど、この丸亀製麺のうどんは、腰が充分にあって美味しい。値段も、安く、ちゃんと打ったうどんなのでうまい。ここ数ヶ月で何件か店ができる理由は、味が美味しいからの一言につきる。回転が良いので、注文してからすぐにうどんを茹で上げるのにも美味しさの秘訣があるのだろう。天ぷらも揚げたてということなしのうどんのお店、一押しだ。   私のその他のサイト…

続きを読む

水戸ブログ/MitoBrogNo.113/寿司と卵焼きのおいしい店「船勢」

 このお店は、ひたちなか市にある寿司屋である。昼にはランチがあって手頃な値段で食事が出来る。1,000から1,980円のランチだ。茶碗蒸し付きのランチは、1,500円からのものだが、なくても、満足出来る価格だ。この店は、卵焼きが売りで、少し甘めの卵焼きだが卵の味が美味しい。  ひたちなか市は、海が近いせいか寿司屋が多いが、このお店はその多い寿司屋の中でもお勧めのお寿司屋さんである。 私の…

続きを読む

水戸ブログ・MITOBLOG No.112 水戸で美味しいトンカツや「よしえ」

 トンカツやはいろいろあるけれど、水戸で美味しいトンカツやは、水戸駅南口にあるトンカツの「よしえ」である。価格は並トンカツ1280円。上トンカツ1580円という値段だが、最近のおしゃれなトンカツとは違い、トンカツを食べた気にさせるトンカツが食べられる満足感のあるお店だ。豚の肉も厚くて、ボリュムたっぷり。  トンカツの味は、かりっとした衣に、肉の程よい厚みと柔らかさが美味しさを引き出してくれ…

続きを読む

水戸ブログ・MITOBLOG No.111 昔ながらのスーパーマーケット「ザマルヘイ」

 このお店は、茨城県内に何店舗かあるチェーン店のスーパーマーケットである。「ザマルヘイ」と冠詞が付く店の名前だが、手作りの惣菜や安い食べ物が置いてあるのが面白い。お店もこの周辺の買い物客が主のお店である。  例えば、写真の手作りアンドーナツは、5個入りで198円。ドーナツの小さなもので、ザックットした食感が繊細なドーナツとは違い、脂の多いフランスパンの様な味わいがする。決して上品な味ではな…

続きを読む

水戸ブログ・MITOBLOG No.110 楽しいお店、メガドンキ上水戸店

 水戸にメガドンキが出来た。ドンキホーテーの水戸店はあったが、今年の三月に長崎屋からメガドンキに変わって出来たのである。この違いは、食料品やその他の家電や衣料品が普通のドンキホーテーよりも相手無数がかく段に多いのが特徴である。  例えば、昔懐かしい都昆布が3箱で百円だったり、トリンプの男性下着のブランドHOMの下着が20%offで販売されていたりとその種類や商品の数はとても多いのである。入…

続きを読む

水戸ブログNo.106/500円で食べられるドリンク付のランチ。水戸京成百貨店通りにある維新。

 500円で飲み物が付く維新のランチはお得だ。種類は、魚と肉の料理から選択できる。ゆっくりとしたお店で500円で食事ができるのはうれしい。そのほかに通常の800円のランチもあるが、これもドリンク付である。この日に食べたのはカキフライのランチだが、満足の一品であった。  和食中心のお店に夜の営業から変わるお店は、また別の食事の面を見せてくれるようである。 私のその他のサイトです。 …

続きを読む

茨城ブログ/蟹レストランメヒコの王様のシーフードグラタン

 メヒコの王様のシーフードグラタンは、大きめのシーフードが入っていて、クリーミーでなかなか美味しい。シーフードの味がクリームとマッチしている。蟹のつめやホタテの貝柱、ムール貝と満足感のあるグラタンである。  このレストランは、蟹とステーキのレストランで、休日の日の前日や土曜日にはたくさんの人が食事に訪れる。確実に食事を食べたいときは予約もできるので、そのようにしてゆっくりと美味しい料理を食…

続きを読む

水戸ブログNo.105/花香の花見の時期の豪華美味しいお弁当。

 このお弁当は豪華である。手作りで丁寧なお弁当はいつ食べても美味しい。花の時期に頼む弁当である。おかずが多いので、ご飯が少なくてもお腹がいっぱいになってしまう。今もお店が旧県庁の近くにある丁寧な料理つくりで評判のいいお店である。一つ一つ手の抜かない料理つくりは、食べる人を喜ばせてくれる。 私のその他のサイトです。 ミムラ写真研究所 http://mimuraphoto.blogsp…

続きを読む

水戸だより/今年の偕楽園の観梅は早そうです。

 偕楽園の近くに住んでいます。家の目の前にある梅の木が1週間ほど前から梅の花を咲かせています。今年は、温暖の差が激しいせいか、もう、梅の花が咲きだしました。日のあたりはいいとはいえ、寒さが続く日々、梅の花が咲いているのを見て,体が暖かくなってきました。春は,意外にもう少しのところまできているのかもしれません。

続きを読む

水戸ブログ・MITOBLOG No.102 ランチが1,680円と少し高いが満足の「プレーヌリュヌ

 ランチの1,680円は高いかもしれないが、フルコースに近い優雅なひとときを味わえるとなれば話は別かもしれない。まずは、枝豆の冷製スープが出てきた。豆の味を感じる優しいスープ。その後にはフランスパン。そして、メインのメニューとデザートは6品目の中から選択できる。もちろん飲み物も付いてくるし、コーヒーか紅茶かフレッシュペパーミントから選択できる。  渡しが選んだのは、メインが黒豚の蜂蜜黒酢ス…

続きを読む

水戸ブログ・MITOBLOG No.102 昭和50年代の雰囲気の甘味や「マルショウパーラー」

 昔からあるパーラーで、果物がおいしい甘味屋さんである。もともとは、果実店で店頭で果物を販売していた。今は、果物の販売を辞めて、パーラーのみの営業である。昔から変わらないので、店の中は昭和50年代の風情で、上野の喫茶店のような皮のソファーの年代物のイスが並び、ここの部分だけがタイムスリップしたようなお店だ。  写真のフルーツパフェは、650円で、果物がたくさんのパフェである。旬の果物ややや…

続きを読む

水戸ブログ・MITOBLOG No.101 涸沼のうなぎや

 土用の丑の日を前に涸沼の「うなぎや」という名前のうなぎやに行ってきた。ここのお店は、天然物を食べさせるとこではないが、人がたくさん来ていてうなぎを食していた。その近くにもうなぎやがあり、その店は覗いてみてはいないけれど混んでいた。涸沼のうなぎは、全国的にも通の人に知られているところのとようで、このお店も、うなぎがもちろんメインではあるが、天ぷら等のうなぎの出し方もしていた。うなぎの出てくる…

続きを読む

水戸ブログ・MITOBLOG No.100 ランチ時に行列ができるお店「維新」

 水戸の京成百貨店の横にある維新というお店は、ランチに時間になると行列ができている。先日、その秘密を探るためにランチ時間帯を少し遅くして行ってみた。なるほど、値段が800円と安く、コーヒーまで付いているから込んでいるのだろうと思いつつ、ランチを頼んでみた。魚と肉の本日のランチがあり、このときは、魚のランチは、海鮮丼。肉のランチは、牛のもも肉のステーキだった。肉の量は、ボリーュムがある訳ではな…

続きを読む

水戸ブログ/MITOBLOG No.99 美味しい焼き肉の炉満

 ここの焼き肉は、値段と肉のおいしさを考えると満足度のいく焼き肉屋である。東海村にある焼き肉屋だが、人が夕ご飯時期に多く来るのが解るような気がする。3人で食事をして8,000円もあれば、大抵はお腹がいっぱいになる。タンも5ミリ程度はある厚切りで歯ごたえのあるでも、噛みやすいもので1,200円で食べられる。もちろん、常陸牛セットでも、3,500円と安い。と考えると、ファミリーレストランの焼き肉…

続きを読む

水戸ブログ/MITOBLOG No.98 普通のホームセンターとは違ホームセンターグランドステージ

 このホームセンターは、普通のホームセンターとは違う一面を持っていて面白い。もともと、家具屋さんがこのホームセンターの前進で、高級な家具も販売しているのPだ。また、写真のような食器やバーコードの玄関マットなどデザイン製の高いものが多く置いてある。やや、割高なものも置いてあるが、生活必需品を見たついでに覗けるスペースがあるので、一人で時間をつぶすことが出来る。  もちろん、ホームセンターなの…

続きを読む

水戸ブログ/MITOBLOG No.97 卵が日曜日には98円のサンユーストアー千波店

 サンユーストアー千波店は、日曜日には卵がひとパック98円で販売されている。必ず、販売されているので、安い卵を購入しようとするときはここで購入している。他に曜日ごとで魚が安い日があったり、肉が安い日があったりと曜日ごとで安売りの品物が違う。  このお店の本店は、茨城県の北茨城市の磯原にあり、海が近いので、店によってはイルカの肉なども販売しているようだ。魚の比較的周りのスーパーに比べると安い…

続きを読む

水戸ブログ/MITOBLOG No.96 デパ地下の中華のおすすめ水戸京成百貨店「桂林」

 このお店は、京成百貨店にある惣菜を作り販売しているお店である。4月からその一角で食事が食べられるようになった。メニュー自体は少ないが、値段と早さを考えると便利なところである。客席は、10人程度座ればもう座れないので、空いている時間をみながらの食事となる。値段は700円から1,000円程度。すぐ後ろの厨房で調理したものが、5分から10分程度で出てくるのも客席が少ないからであろう。  ゆっく…

続きを読む

水戸ブログ/MITOBLOG No.95 困ったときの中華「バーミヤン」

 何か昼食をとるときに、手頃な値段と味を考えるならバーミヤンが良いと思う。味には失敗はないし、値段的にも700円程度で食事が出来る。ランチであれば、580円程度でドリンクバイキングを付けても700円というところ。中華は、味にくせがある場合が多いので、その味が合わない場合は、失望してしまう。安上がりのせいか、自分には、困ったときのバーミヤンで食事をとってしまうことが多い。  急いでいるときも…

続きを読む

水戸ブログ/MITOBLOG No.94 最近目につく「一番カルビ」で焼き肉を食べた。

 水戸近辺に何店舗かある一番カルビなる焼肉店でランチを食べてみた。私が食べたのは、1280円のランチ。豚のバラ肉と牛のカルビとビビンバがセットであったが、牛肉は、カルビの肉と呼ぶには難しかったのが印象である。名前の通りのおいしい肉が出てくれば満足したのだが、そうではなかった。  しかし、石焼ビビンバが付いての値段であるから仕方がないのだろう。牛肉の仕入れの値段はどのくらいだか知らないが、焼…

続きを読む

水戸ブログ/MITOBLOG No.93 中華のおすすめ水戸京成ホテルの中華料理店「景山」

 水戸の駅前にある京成ホテルの地下にある中華料理レストラン景山は、中華料理を頼んで満足する店である。写真は、サラダだが、茨城名産のレンコンを揚げてあり、カリとした感触が心地良いサラダだ。おすすめは、フカヒレ麺で、カニ入りと貝柱入りの2種類があり美味しい。フカヒレは、バラになった状態のものなので、2,000円と値段もリーズナブルだ。フカヒレの姿煮もあるが、5,000円の値段がするが、他の中華店…

続きを読む

水戸ブログ・MITOBLOG No.92 水戸の散り行く偕楽園の桜

 偕楽園も桜の花が強風に吹かれるたびに花びらを散らせていきます。まるで雪がまい散るごとくの優雅さ。吉田兼好が言っていたが、やはり桜は、咲き始めのわくわくする気持ちと、散り際の潔さなのでしょうか。時間を忘れてその花吹雪をしばらく眺めていました。満開のときの左近の桜を取りたかったのですが、もう八分の散り際でした。明日一、二にぐらいはこの光景は続きそうなので、偕楽園に行って散り行く桜を見に偕楽園の…

続きを読む

キヤノン人気のレンズEF24-105mmF4.0Lの欠陥レンズの画像

 私の持っているEF24-105mmF4.0Lのレンズは、初期型の欠陥レンズである。少ない数のフレアーが点光源から出てしまうレンズだ。確かに欠陥のある画像を作ってしまうのだが、その欠陥が面白い画像を生む。もちろんサービスセンターに持っていけば直してくれるのだが、今そのようなレンズを探すのは難しいので、そのレンズの効果を偶発的なところで楽しんでいる。点光源を画面の隅に持っていかなければあまり問…

続きを読む

水戸ブログ・MITOBLOG No.91 魚眼レンズで梅満開の水戸を楽しむ

 梅満開の水戸市の観光地の偕楽園と水戸の駅から徒歩10分の水戸藩の学問所があった弘道館を魚眼レンズで撮影してみた。満開の梅を下から魚眼レンズで撮影して、円の周囲に周りの風景を貼付けていく撮影の仕方だが、180°の円形の魚眼レンズで撮影していくといろいろなものが写り込んで面白い。距離感が無限に近い距離感で写り込んでくるので、撮影の対象物は、50センチぐらいに近づかないと、遠方に移ってしまうのが…

続きを読む

水戸ブログ・MITOBLOG No.90 スターバックスコーヒーのマコロン?

 先日、スターバックスコーヒーで、マコロンなるものを買ってみた。リプトンのオマケに付いていたものと同じなので買ってみたのだが、どうやら、はやりらしき食べ物らしいい。表面は、メレンゲを焼いたものらしくかりっとしていて、とても、あまいものだった。クリームを間に挟んである。コーヒーと一緒に食べるのには相性がいいものかもしれないと言うのが、このマコロンの第一印象だ。今まで食べたことがなかったので、表面の…

続きを読む

水戸ブログ・MITOBLOG No.90 満開の梅/偕楽園のランドスケープ180°

 南斜面の早咲きの梅は、花びらが散り始めているが、園内は今が満開。梅の花が、ところ狭しと咲き乱れている。その咲き乱れているところを魚眼レンズで180°のランドスケープの写真にしてみた。円の周辺に小さく写り込む風景や人々が面白く、一つの円の中に世界が作られていく。そのようにするのにカメラを空に向かって撮影してみた。  webのアルバムにもしてみたので、下からアクセスして頂きたい。 web写…

続きを読む

水戸ブログ・MITOBLOG No.89 安い昔からの食堂「いずみや」

 大工町に昔から営業している定食屋さんはある。いずみやは、定食、ラーメンなどの食べ物を扱っていて、値段は、500円が中心のお店だ。ラーメンは、350円。カツ丼550円と値段は安い。タンメンを頼んでみたが、値段は400円で、野菜の味がおいしいタンメンだった。タンメンには、豚肉等は入っておらず、野菜のみだが、野菜とスープの味が程よくおいしかった。定食の日替わりがあり、この日の定食は、野菜炒め定食…

続きを読む