オークションで購入したニコンのレンズNikkor-SC50mmF1.4を分解メンテナンス。

画像

 先日、ヤフーのオークションで購入したニコンのマニュアルレンズNikkor50mmf1.4SC。カビだらけのレンズ。レンズの表面からレンズの中までカビが繁殖していて、ファインダーを覗いただけでソフトフォーカスになる始末。レンズはまだ綺麗なままなので、分解して清掃してみることにした。まずは、レンズとボディーのマウントからはずすことにする。レンズのマウント部分はビスが5本あるが、赤の矢印の部分はねじを外さない事。外しても問題はないがこのビスは絞りの自動開放のばねになっている部分なので外さなくても問題はない。
画像

 絞りの部分やニコンのカニ爪を外してレンズの後ろ側の部分を取り除く。取り除いていくとレンズの一番ボディーに近い部分の銅鏡が見えてくるので、その銅鏡がはさめるものを用意して回して後ろのレンズを外す。このときに別に特殊な工具がなくても、ペンチの大き目のものに、挟むところに布地のガムテープを貼り付けてレンズの銅鏡を回せば簡単に外れる。力を入れ過ぎないように回す。これでレンズの後ろの部分は綺麗に分解できる。
 今度はレンズの正面から分解していく。レンズの正面にレンズのシリアルナンバーとニコンのレンズの種類が書いてある部分をゴムの道具を使って外す。レンズの表面に当たらないほうがいいのだが、正確にこれ専用のものはないので、この枠が外せるものを選ぶといい。この工具はネットなどで写真用工具で販売されているが、ホームセンターなどでゴムの円柱状のものを探して代用しても問題なさそうである。
画像
画像

 次にその飾りリングを外すと一番前にあるレンズが1枚外れる。次にレンズの二箇所に穴の開いた部分が見えてくる。これはカニ目レンチという道具でこの穴2箇所に差し込んで回すとレンズは外れるようになっている。アマゾンなどのインターネットで販売されているのでこれがあるとレンズの分解は便利になる。はじめは、ノギスを使い外したりしていたが穴の部分が傷ついてしまうのでこの工具があれば便利である。
 これでレンズの分解がすべて終わった。カビの生えたレンズは100円ショップで購入したカビ取り材を着けて丁寧にふき取り綺麗にする。やや強めに拭いてもコーティングは剥がれないのでカビを綺麗にして、レンズの拭き取り残しがない様に気をつけること。
 後はばらした反対の順序で組み立てていく。レンズの表側の部分はねじ込むだけのものなので、組み立てるときにレンズとレンズの間にゴミや拭き残しがないかを確かめながら組み立てていく。
 レンズのマウント側の組み立てだが絞りのリングを着けるときに気をつけることは絞りのリングにある隙間の部分にねじが入るようにしないとこのビスは入らないので位置関係を合わせながら組み込むこと。後ろのレンズは手で回して締め付ければ問題ない。
画像

次にマウント部分をレンズに着ける。ばねの引張りがあるのでビスを入れづらいが、穴の部分を合わせてビス4箇所を入れていく。
画像

背面の外さなくてもいいビスはこのばねを後ろで繋いでいるものである。写真参照。真鍮がビスにとっていて心痛から出ているビスにバネを着けている仕組みになっているので、外してしまっても組み立てられるので問題ないが、ばねを着けるときにバネ飛んでどこかに無くならない様に気をつけることは大切な様である。
 古いマニュアルレンズは、分解が比較的簡単である。特に単体のレンズはズームレンズに比べて簡単に分解でき、組み立てるのも簡単である。オークションで安く購入できることがあれば、このように分解して楽しむのも、組み立てられたときの達成感と満足度は格別のものである。





【送料無料】[期間限定特価]ニコン AF-S NIKKOR 50mmF1.4G『即納?2営業日後の発送』
カメラのミツバ
・AF連動ピンがないカメラD3200, D3100, D5100, D7000,D40,D60等でも


楽天市場 by 【送料無料】[期間限定特価]ニコン AF-S NIKKOR 50mmF1.4G『即納?2営業日後の発送』 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







この記事へのコメント


この記事へのトラックバック