階調豊かな写真を作る。キヤノンEOS60Dで写真を楽しむ。

画像

 階調豊かな写真を撮影しようと思っても物理的に光が強く当たっている部分と陰になっている部分を眼で見たように表現することは難しい。このようなときに私はRAWのデータで撮影して、フォトショップエレメンツで合成して表現している。 
 上の写真だが、本当は雲の隙間から光が注ぎ込んだようになっている部分が撮影できていない。そこで、RAWのデータで中間が出る露出で撮影しておく。フォトショップエレメンツでRAWのデータを竹林が出る明るいデータと空の表情が出る暗いデータを2つ作る。
 暗いデータを下にして、明るいデータを合成する。暗いデータの上に明るいデータのレイヤーが出来る。この状態でレイヤーのグラデーションツールを使い。雲の部分が出るようにグラディーションを設定していく。このときにグラディーションの設定は、黒と透明のグラディーションに設定する。
 そのように加工したのが下の写真です。
画像


フォトショップエレメンツ10(Photoshop Elements 10):ソフト
ウォンツ!/PC・ソフト・教材
写真の整理・補正・編集がカンタンに行える、デジカメユーザーの強い味方「フォトショップエレメンツ」。撮




amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Nikon デジタル一眼レフカメラ D800 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック