キヤノンEOSにUVトプコールを着けて撮影する。レンズアダプターを作る編。

画像

 トプコンのUVレンズは、トプコンの普及機のトプコンUNIなどに搭載されたレンズシャッターをボディーに組み込んだ形で、レンズ交換をする特殊な形のマウントになる。インターネットでトプコンUNIのジャンク物を購入して、UVトプコールをEOSのマウントに組み込むことにしてみた。
 写真のトプコンUNIからマウントを外し、前に購入しておいた42MマウントをEOSのボディーに付けるアダプターを着けようと考えた。しかし、トプコンから外したマウントは、絞りの部分の動く部分が突起しており、その部分をEOS-M42のマウントに合わせて、その部分に印を付けておいて、電機ドリルで、絞りの動きを確めて穴を開けていく。
 意外にカメラから外したマウントは、接着部分が少ないが、アロンアルファーで金属部分を接着してマウントを作る。接着部分を綺麗にしておけば、金属同士もしっかり着くので、改めてアロンアルファーの威力に感謝。
画像

 マウントを作ってしまえば、後はEOSに取り付けるだけ。このマウントとレンズの取り外しはレンズ側のレバーを押して取り替えられるのでマウントを大きく動かさなくてもレンズを簡単に装着できる。なかなか、トプコンUNIのボディーのジャンク物を見つけるほうが大変だが、このようにして、作ったマウントでEOS5Dmark2に着けて遊んでみるのも楽しい。
画像


キヤノン EOS-1DXボディーのみ『即納~2営業日後の発送』【IS051200が使えるフルサイズ高速連写デジタル一眼レフ】
カメラのミツバ
・35mmフルサイズ、約1,810万画素のCMOSセンサー・DIGIC 4の約17倍の処理能力を持つ






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック