ニコンのマクロレンズ55mmF3.5を使って青りんごを撮影する。いいレンズは、古さを感じない。

画像

 接写をするときは、マイクロレンズを使うが、果たしてオートフォーカスのレンズがベストなのかを疑ってしまうことがしばしある。
 もちろん、超望遠レンズの撮影と同じような撮影なのでピントをオートフォーカスで検出するのもレスポンスに時間がかかるときもある。それほど、ピントは検出しづらい。オートフォーカスがついていなかったときには、目で合わせることは当たり前だったが、体の位置をいろいろ動かしながらピントの山を掴んだものだった。
 最近、中古で購入したマイクロニッコール55mmF3.5のレンズで青りんごを撮影してみた。もちろん、AFの60mmF2.8のレンズも持っているが、最初からカメラにピントを任せるのではなく、自分でピントを合わせようとするとピントの合せ方で面白いものも見えてくる。
 接写の場合は、合わせどころで写真が変わってくるので気をつけなければならないが、このニコンのマイクロレンズ型は古いが高性能のレンズの描写力は今でも健在のようである。


Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S『1~3営業日後の発送』
カメラのミツバ
風景・スナップなどの一般撮影にも便利なマイクロレンズ焦点距離:55mm最大絞り:f/2.8最小絞り:




amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Nikon デジタル一眼レフカメラ D800 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック