ソニーのサイバーショットHXシリーズのレンズの良さは、コンパクトカメラデは群を抜く。

画像

 コンパクトカメラは、多種多機能のものが多く、高倍率ズームレンズが強かったり、操作性が良かったりと色々なカメラが多い。その中でも、ソニーのサイバーショットHXのシリーズのGと称されるレンズが性能が良い。私が使っているのはHX5Vで、1200万画素のカメラだが、このカメラでの撮影が望遠から広角まで画像が綺麗に記録できる。多重露光(一枚の写真を数枚で組み合わせて作る)で、ブレやボケをほとんど無くす機能も便利でいい。
 倍率は、25-250mmの35mm版の換算になるがこの画角があればほとんどの写真は撮影できる。広角で5cmまで近づいて撮影できるが、望遠にすれば50cmや1mと離れての接写の撮影となる。これは高倍率のレンズの構造から仕方がないだろうと思える。広角側では、レンズの焦点距離が4.25mmと短いのでほとんどの場所にピントが合ってしまう。ボケを生かした撮影は、多重露出での画像加工をする機能がHX7VやHX9Vでは搭載されているようである。HX5Vではその昨日は無いようだ。
 このカメラに使い慣れるとこのカメラの良さや写りの良さが解る。大きな欠点を上げれば電池の消耗が大きいことだけだが、これは一般的なデジカメと比べるとやや、電池の減りが早いという程度である。

【送料無料】ソニー Cyber-Shot DSC-HX7V (L) ブルー 【smtb-tk】■≪デジカメ本舗≫
デジカメ本舗
主な特長 ■暗所でも高画質撮影ができる1,620万画素の裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R”






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック