NEX5の18-55mmレンズに広角のレンズアダプターを着けて撮影する。

画像

 ソニーのNEX5の標準ズームレンズ18-55mmにケンコ-のデジタルワイド0.55×(LD-055W)をつけて撮影してみた。フィルターサイズをあわせて、レンズの上に被せて使用する広角レンズアダプターだ。レンズの口径が大きいので十分な広角の撮影ができるものと思えて撮影したが、このレンズで18mmのズーム領域では四隅が黒くなり、レンズの部分が映り込んでしまう。実際には28mm領域で撮影したのが下の写真だが、レンズの精度があまり良くないので、周辺がぼやけて流れてしまう画像になってしまう。
 この画像が、トイカメラ風だと考えて撮影すれば、このような撮影の仕方もあるが、あまり、意味は無いかもしれない。もっと、望遠側のズームレンズや単体のレンズでこの広角アダプターのレンズは使うのかもしtれない。
画像

 画角は、上の画像のようにレンズを被せた状態と被せない状態では広角の効果はあるが、この周りがボケた写真では使えない。左側がレンズを被せた画像で、右側はレンズを被せないで撮影した状態。

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SANYO Xacti ザクティ用 ワイドコンバージョンレンズ VCP-L07W1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック