NEX5の標準ズームレンズにクローズアップを着けて18mm広角側の最短距離で撮影する。

画像

 NEX5の18-55mmの標準レンズの広角側の18mmで、クローズアップレンズを着けて撮影する。短辺の長さが8cmぐらいになるまで近づける。対象のオオムガイの突然変異の国立博物館のフィギアの高さは約6cmぐらいの大きさである。
 着けているクローズアップレンズは、ケンコー社のNo.10のダブルレンズで色収差(色のにじみや擬似色)を抑えているレンズである。センサーまでの距離はクローズアップレンズなしで25cm近づくことが出来る。このNO.10を着けると約12センチまで近づくことが出来、対象物までレンズの先まで5cmほど近くになる。画面に占める割合は、クローズアップレンズを着けるとフィギアは倍の大きさに画面上になる。気軽に広角接写を楽しむにはクローズアップレンズは便利だ。このように最先端で撮影して、絞りを最小絞りのF22.0に絞っても背景はピントが外れてしまうので広角レンズの接写のパーンフォーカスはできないのが残念である。
画像












Canon クローズアップレンズ 250D 58mm C-UP58250D
キヤノン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Canon クローズアップレンズ 250D 58mm C-UP58250D の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック