キヤノンEOS KissX4で10倍の超接写を楽しむ。

画像
画像
画像

 接写リング68mm×2とテレコンバータ2倍と1.4倍にレンズはニコンの50mmF1.4Dのレンズをリバース(レンズのマウント側を外側に着けて、レンズの外側をカメラに接続する方法)して撮影するとセンサーの長編が22.3mmのものが実際には2ミリのものを写せる状態になる。
 画像は、イチゴの種の撮影したもの。ひとつは、めしべらしきものが種から伸びているのが解る。10倍にしないと人間の目では確認できない大きさになる。最後の写真は5円玉の穴の周りのぎざぎざの部分。
 手持ちでの撮影だが、やはり、ピント合せは難しい。体や手の移動でピントを合わせ、シャッターを何度も切っていく。三脚を着けても、東京タワーの高倍率望遠鏡を覗くように一発で目的の対象物を見つけ出すのは難しい。このくらいの長が着く接写になると三脚を着けても、速いシャッター速度で切らないとぶれてしまう。











Kenko(ケンコー) デジタルテレプラス PRO300 1.4X DGX キヤノン用
健康アカデミー
サイズ最大径67.4×全長27mm個装サイズ:7.6×7.6×8.7cm重量132g個装重量:217

楽天市場 by Kenko(ケンコー) デジタルテレプラス PRO300 1.4X DGX キヤノン用 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック