EOS KissX4にマクロレンズ1本でも楽しい撮影ができる接写撮影。

画像

 キヤノンEOS KissX4にマクロレンズ1本を購入しただけでも楽しい写真は撮影できる。接写撮影だ。レンズはEF50mmF2.8のマクロレンズ。キヤノンのAPS-Cフォーマットなので、50×1.6倍なので、35mm換算では、80mm相当の画角になる。
 2.5とF値が明るいのでピンとは合わせ易い。開放でも、マクロなのでピントの芯がシッカリしているのが特徴になる。このマクロレンズ、MF(手動のピント合わせ)で、じっくりと楽しむのが楽しい撮影の仕方かもしれない。ピントの合わせる部分で手前やピントから外れた後ろの部分がボケてくるのがおもしろい。何ミリかのピントの合う範囲だけで、ピントの合せ方が違ってくる。
 ピントの合わせた場所により写真の意味が違ってくるのも楽しい。MFにしたのは、接写のときの自動のピント合せは、時間がかかるので、それならファインダーやライブビューでピントを合わせたほうがはるかに撮影が早くなるし、ピントを検出する時間の長さは少しいらいらしてしまう。
 クローズアップだけでの撮影がレンズ性能を発揮してくれるが、遠景でも画像を撮影できるこのマクロレンズ。接写の楽しみを教えてくれるレンズだ。











Canon EFレンズ EF-S60mm F2.8マクロ USM デジタル専用 マクロレンズ
キヤノン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Canon EFレンズ EF-S60mm F2.8マクロ USM デジタル専用 マクロレンズ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック