NEX5で超接写をしてみる。レンズは、ニコンの50mmF1.4。

画像

 接写リング140mmにニコン50mmf1.4Dのレンズを着けて、NEX5で超接写をした。レンズはニコンのDタイプのレンズなので絞りをコントロール出来る。レンズ変換アダプターにキヤノンの接写リングを着けて、先端にレンズリバースアダプターを着けて、ニコンのレンズのフィルター部分をカメラ側に着ける方法での接写になる。実際にスケールを撮影すると4mmのスケールがいっぱいで短辺のサイズになるから、15.6mmを4mmで割れば倍率が出てくる。約原寸よりも4倍の大きさで写すことが出来るわけである。
 さすがに手持ちはキツイが手持ちで撮影してみた。撮影対象物は100炎硬貨である。桜の部分を撮影してみた。リバースでレンズを着けるのは、フィルターの口径さえ合えばメーカーは問題ない。しかし、今は、電子自動絞りになってしまうので、最小絞りになってしまうか、開放のどちらかである。このニコンのレンズはDタイプなので絞りはコントロールできるので大変その点では便利である。
 NEX5では、液晶がピント合わせなので拡大したピントで、ピントが合致したところでシャッターを切ってみた。下が超クローズアップの写真。
画像
画像


ソニー【☆SONY】デジタル一眼レフカメラα NEX-5D-B ダブルレンズキット(ブラック)★送料無料!【NEX5D】
LifeStage Nana!楽天市場店
↓他の色を見る↓  カラーバリエーション    NEX-5D-B(ブラック) NEX-5D-S(シル




amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック