「少しだけ知っていると役に立つデジカメの使い方」その8。100円ショップで買ったルーペが役に立つ。

画像

 100円ショップで購入できる折りたたみ式のルーペがある。いくつか種類があるが、写真のようなタイプの折りたたみ式のルーペは便利である。コンパクトカメラのレンズの前において撮影すれば接写で撮影できる。大抵の場倍、コンパクトカメラの構造は、広角レンズ(W)に設定したときに最短距離の撮影が出来、最短距離で近づけるものは1cmと物に一番近づけるようになっているものもある。。望遠(T)側に設定すると近づける距離が50から100cmとかなり離れなければ撮影できない。
 それを簡単に撮影できるようにするには、この折りたたみ式のルーペをレンズの前において撮影すると下記のような撮影ができる。カメラはソニーのサーバーショットHX5Vのカメラを一番望遠にした35mm換算で200mm相当で撮影したものに、ルーペを前に置いたものと普通に撮ったものを並べて撮影している。どのくらい近づけるかを下の写真で見てもらいたい。
画像



【送料無料】ソニー Cyber-Shot DSC-HX7V (L) ブルー 【smtb-tk】■≪デジカメ本舗≫
デジカメ本舗
主な特長 ■暗所でも高画質撮影ができる1,620万画素の裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R”






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック