キヤノンEOS KissX4にニコンのマイクロレンズ60mmを着けての接写は使いやすい1800万画素

画像

 キヤノンEOS KissX4にニコンのマイクロレンズ60mmを装着して撮影するとAFは効かないが、1800万画素での撮影が出来る。キヤノンのマウントでは、35mm換算で1.6倍の焦点距離になるので、焦点距離は86mm相当になってしまうが、画角としては中望遠の角度になってくる。
 ニコンの新しいカメラでは、画素数が1600万画素が中心のデジタルカメラになってくるが、その前のD300では、1200万画素の画素数しかない。大きなサイズにしたいときには画素数が少しでもあったほうが有利な画像になることは言うまでもない。
 キヤノンのEF50mmのマクロレンズでは、接写代につけてピントを合わせての撮影のときにピントがレンズが下を向いている状態で少し固定されにくい状態になってしまうことがある。MFにして正確にピントを合わせても、そのままの状態で撮影しているとピントがずれてしまう。
 しかし、このニッコール60mmF2.8のマイクロレンズは、MFのときの使いやすさが良く、ピントをマニュアルに切り替えてのMF状態のときに合わせておけば、キヤノンのレンズのときのMF撮影のときのピントのずれはない。ライブビューでの撮影でピントを合わせて撮影すれば正確なピントを得ることが出来るし、露出も撮影してからマニュアルでシャッター速度と絞りを換えて正確に合わせれば精度の高い撮影が出来る。
画像


EOS Kiss X5・ボディ[5168B001](KISSX5-BODY)【smtb-s】
EC-JOY楽天市場店
 メーカー CANON 商品カテゴリ&






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック