偕楽園の南側のがけ崩れ、閉演中!梅祭りは中止。弘道館なども大きな被害。水戸発。

画像
 水戸市にある日本3大公園のひとつ偕楽園が、南側の崖が崩壊しているため、公園の門が閉ざされている。いくつもの崖が崩れていて、補修には時間がかかりそうだ。
 もちろん、2月から始まった水戸の観梅「水戸の梅祭り」は、東北関東大震災以降、中止になっている。写真のブルーの部分は、ブルーシートで崖の露出した部分を雨などで崩落しないように防ぐために覆われたものである。
 この偕楽園のほかに徳川斉昭が藩の学校として設立した弘道館も鐘つき堂が完全崩壊で姿を無くしている状態。本体の弘道館の建物の入り口など、大きく崩壊して子らも、入園禁止の状態になっている。
 これまでに大きな地震があったが、このような全体的に公園が崩れたり、建物が大きく崩壊してしまうことはなかったと考えられる。
 今年の梅祭りは、開催の途中で終わってしまったが、来年に向けての修復は始まっているようで、来年、修復した偕楽園や弘道館で、来園した人に楽しんでもらえるように急ピッチで修復が行われているようだ。


【送料無料】ソニー Cyber-Shot DSC-HX7V (L) ブルー 【smtb-tk】■≪デジカメ本舗≫
デジカメ本舗
主な特長 ■暗所でも高画質撮影ができる1,620万画素の裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R”






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック