明るいレンズでEOS KissX4を楽しむ。

画像

 標準で付いているレンズ1本あればほとんどの撮影が行えるのが今のデジタル一眼レフのレンズだが、一眼レフのレンズ交換を楽しむには、望遠レンズや広角などの選択がある。
 そこで、私が薦めたいのは、50mmのF1.4という明るいレンズを1本お勧めしたいのである。このレンズは、少ない光でもぶれずにシャッターを切れる点や明るいレンズを生かしたボケ味のある撮影ができる点で優れている。このレンズをKissX4につけてのポートれとも35mm換算で80mmと良い画角になる。85mmのF1.2のEFレンズではピントの合う範囲が50mmF1.4のこのレンズに比べて狭いことも考慮すれば、この組み合わせはなかなかなのである。
 一眼レフの撮影の楽しみは、レンズ交換の楽しみである。この1本!追加のレンズであれば、雰囲気を楽しめるこのレンズキヤノンEF50mmF1.4をお勧めする。


キヤノン EF50mmF1.4 USM
ミカサカメラWeb
標準レンズの定番、F1.4の50mm。光学系には高屈折ガラスを2枚採用し、絞リ開放時のフレアを抑え、






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック