12-24mmのフルサイズの超広角レンズを楽しむ。

画像

 超広角ズームといえば、一番画角の広く取れるレンズは、シグマの12-24mmのレンズである。ニコンにも14mm、からの性能のいいレンズがあるが、私は、キヤノンがカメラが主力なのでこのレンズを使用している。
 このレンズとにかく狭いところでも広く見せてくれるレンズだ。性能は比較的歪みの少ないレンズで、水平や垂直を出せば、ゆがみは少ないレンズだ。四隅はやや画像が甘くなるので、ぐっと絞らなければ四隅の画像を良い状態にすることは出来ない。F11.0にして何とか解消できる状態だ。光の少ない場所では、三脚や補助光が必要だ。価格的にはニコンのレンズの3分の1程度で購入できる点はコストパフォーマンスが高いレンズだ。
 コントラストは、やや弱いレンズで、周辺の四隅は画像がやや暗くなる。フォトショップでの周辺香料などの補正を使いって補正できる範囲だ。
 この画像は、フルサイズのEOS1DsMarkⅡで撮影している。今までにない広角のレンズの楽しみ方が15mmよりも広角になると楽しめる超の着く広角の世界だ。

【クリーナーキット付♪】SIGMA(シグマ) 広角ズームレンズ 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSMニコン用【smtb-TK】
快適家電 デジタルライフ
★注意★ ・本商品はご注文後のお取り寄せ商品となります。・ご注文頂いてから発送までにお時間を頂く場合






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック