キヤノン純正のEF70-200mmF2.8LisをシグマのFLD(蛍石)2枚で超えるか?

画像

 価格が20万から15万円に値が下がり、シグマの70-200mmF2.8が購入し易くなった。今までは、純正のレンズが30万円するものの、実際では20万円で購入できるので、5万円程度の差であれば純正の70-200mmの購入になっていたのが実情の話になっていたが、シグマが価格を下げたことでこのレンズが11万円台になり、価格差が大きくなり、9万円の差が付いた。これから、売れるシグマのレンズになりそうである。
 MTFの曲線を比べてみると、シグマのレンズも純正のレンズに比べて変わらないか、それ以上かもしれない。
シグマの70-200mmF2.8のMFTの資料は下記から、
http://www.sigma-photo.co.jp/lens/tele/70_200_28_os.htm
キヤノンの70-200mmF2.8ⅡのMFTの資料は下記から
http://cweb.canon.jp/ef/lineup/tele-zoom/ef70-200-f28l-is-ii/spec.html
 使用してみての感想としては、カメラAFの速度は問題なく早い作動であった。レンズはFLD(蛍石)2枚とSDレンズ3枚の構成になっていて、コントラストや画像のシャープさはいい画像を生むレンズである。純正のEFレンズは、蛍石1枚とSDレンズ5枚の構成になっている。
中心の部分を原寸大に切り出したのが下記の画像になる。200mmズーム領域、シャッター速度500分の1、絞りはF4.0、カメラは、KissX4での撮影。
画像






amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM EF70-200LIS2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック