CanonEOS KissX4にEF50mmF2.5Macroを着ける。細かな描写の1800万画素。

画像

 画素数が多いとレンズの性能や細かな描写が画像となって端的に現われてくる。1800万画素で表現される画像は、A3でプリントを十分に楽しめる画素数になる。キヤノンKissX4からX5になったが、画素数と基本的なものは大きくは変わっていないようだ。
 そこで、解像度の高いマクロレンズを着けて撮影してみた。蔦の幹の細かな表現をこのレンズで狙ってみた。レンズは、ピントが合っている部分では、細かにシャープに表現してくれる。絞りの値はF6.3の絞りで2絞り絞っているが、十分に細かな表現をしてくれるマクロレンズは、標準レンズと望遠レンズのズームレンズがあれば是非、1本ほしいレンズの選択になってくる。
 もちろん、複写や接写強いこのレンズの性能は、便利でスキャナー代わりに撮影しての使い方も出来る。そのぐらい重宝しているレンズの1本になっている。万能レンズのマクロレンズは、2分の1倍までの接写が出来る。当倍の大きさでの撮影では、専用のライフコンバーターレンズを着けての撮影になる。
 
画像


[予約 3月3日発売以降]送料無料■【EOS Kiss X5 EF-S18-55 IS II レンズキット】キャノン デジタル一眼レフカメラ [1800万画素]【smtb-k】【ky】
ぎおん楽天市場店
※本商品は今現在、納期の目安が3月3日発売以降になります。 (あくまで目安ですので変わる可能性もござ




amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Canon EFレンズ 50mm F2.5 コンパクトマクロ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック