NEX5にキヤノンEF50mmF1.4のレンズを着けて、開放のボケ味を楽しんでみる。

画像

 NEX5にレンズ変換アダプターを装着して、CanonEF50mmF1.4のレンズを着けると柔らかなトーンの豊かな画像が得られる。このアダプターを使い撮影するとキヤノンのレンズの自動絞りは開放のF1.4の状態で撮影できるが、絞りを絞り込んでコントロールすることは出来ない。
 このレンズは、50mmなので、35mm換算でのNEX5では75mm相当の画角になる。画角的には中望遠レンズである。開放での扱い方になるが、開放での解像力はこの明るいレンズの種類ではあまり良くない。絞りを1段階絞ったときの差が驚くほど違うことがある。質感がでるようにやや逆光気味での撮影で撮影してみた。
 光がレンズの大きな口径から入ってくるので、撮影されたものの光の強い部分が輝いて、光が滲んでいる。しかし、撮影された犬の置物の質感はしっかりと出ているようだ。これらの癖を掴みながら、限定された条件の撮影するのも別な意味での楽しみがある。
 アダプターのサイトは下記のサイトから
http://www.ne.jp/asahi/discoverphoto/co/dpc/Foradapter/forEosNexad.htm
画像



Canon EF50mmF1.4 USM【新品・メーカー保証書付】【店名:アサノカメラ】
中之町商店会
*こちらの商品は、お取り寄せ商品となります。 ご注文後メーカー確認のうえ、在庫ある場合のみ約3から4






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック