昔のレンズは1絞り絞ると画質がグンと良くなる。EOS KissX4+NikkorZoom80-200

画像

 フィルム時代のレンズは、1絞り絞るとグンと良くなるレンズが多い。キヤノンEOS KissX4にNikkkorZoom80-200mmF4.0を着けて、開放の4.0と絞りF8.0で撮影した画像を比べてみた。絞りは2段階絞り込んだ画像だが、同じレンズとは思えないほど画像の写り方が違っているのに驚いてしまう。
 絞りをF8.0にして使うと、シャープになり、結像の良い状態になる。窓にあるパネルのの細かい文字まで、はっきりと見えてくる。このレンズは、ズームレンズのニコンで発売された最初の形のズームレンズの1本に入るもので、ズームレンズといえば、望遠の35-80mmのレンズとこのレンズしかなかった。広角から中望遠のレンズは、かなり後からの発売になっている。
 下記が200mmのズーム域で撮影したもの。320mm35mm換算での画角になる。写真は絞り込んで撮影すると画像の状態が手に撮るように解るのがおもしろい。約面積の8分の1の部分を切り取り、原寸大でアップしたもの。原寸大で見るとその違いが歴然と解る。
画像


EOS Kiss X4 ダブルズームキット
家電のすまいる
主要項目画素数1800万画素(有効画素)撮像素子APS-C22.3mm×14.9m




amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II AF-S 70-200/2.8G ED VR II の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック