NEX5で12mmの超広角レンズの画像を楽しむ。

画像

 NEXシリーズは、マウントアダプタを使い色々なレンズが楽しめるのが良い。マウントレンズも色々メーカーが販売しているようである。
 キヤノンの自動絞りのEFレンズ用のものも出ている。このレンズをNEXのαEマウントに着けると開放の絞りの状態で写真を撮影することが出来る。絞りを調整して絞り込むことが出来ない。このことがネックになるが、アダプターを上手に使うことで超広角撮影を楽しむことができる。
 今回使用したレンズは、デジタルフォーマットのシグマのキヤノン用8-16mmF4.5-5.6のレンズを使用した。このレンズでNEX5に装着すると35mm換算で12mm相当の超広角レンズの画角になる。ピンとは無限大と0.8mの間あたりにピントを合わせておけば、風景を撮影するのにはほとんどピントが合ってしまうほどのピントが合う深さを持っている。
 ただ、開放の撮影のF4.5では、四隅の周辺は少し画像があまくなるが、このレンズはコントラストや解像度がいいレンズなので、全体的な画像としての絵柄はさほど気にならない。圧倒的な遠近感を強調するこのレンズとNEXのボディーで気軽に超広角のスナップを楽しめる。
 オリジナルのラインナップにないカメラのレンズを楽しむには、マウントアダプターで楽しむ楽しみ方もある。
マウントアダプターは、下記のディスカバーフォトから購入した。
http://www.ne.jp/asahi/discoverphoto/co/dpc/Foradapter/forEosNexad.htm
8mmの画像は、このように広く写るので楽しい。
画像


SONY/ソニー NEX3-A-B(ブラック)  α/アルファ 【送料代引き手数料無料!】
ムラウチ
★ SONY/ソニー デジタル一眼カメラα NEXー3 薄型広 NEX3-A-B(ブラック)  α/






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック