シグマ70-200mmF2.8OSレンズの手振れ防止の効き目を試してみる。

画像

 新しいレンズは、スタビライザーなどの手振れ防止装置が付くタイプが多くなってきている。撮影側の手振れをカメラが補正する装置で、室内での手持ちの撮影などに威力を発揮する。このシグマのレンズも手振れ防止スイッチがあり、手振れを防いでくれるタイプで、シグマは、OSという呼び方をしている。
 キヤノンEOS KissX4にこのレンズを付けて200mmで撮影した。35mm換算で行くと320mmの焦点距離になるので500分の1秒yからシャッターを切ってみてどのぐらいまでぶれないか鑑賞してみた。500分の1,250分の1,125分の1,60分の1と4段階シャッター速度を落としてシャッターを切ってみた。
 50分の1秒まで何とかぶれずに撮影できた。撮影条件は一番厳しい最短距離での撮影で、絞りは開放のF2.8の状態でのボケ具合も見てみることにした。ボケは癖のない良いボケ具合でコントラストも高く、抜けのいいレンズであった。 上の画像の中心部分を原寸でアップしておく。ぶれているかどうかを確認して頂きたい。
画像



キヤノン EF70-200mmF4LIS USM望遠ズームLレンズ『1~3営業日後の発送』確かな解像度のコンパクト手ブレ補正望遠レンズ
カメラのミツバ
・高い機動性と高画質で人気のF4望遠ズームに、待望の手ブレ補正機構を搭載。・シャッター速度換算約4段






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック