αEマウントレンズとキヤノンEF-Sの18-55mmF3.5-5.6の18mm側を比較する。

画像

 ソニーとキヤノンの18-55mmレンズの広角18mm側のレンズを比較してみた。同じ条件でNEX5とKissX4のカメラに付けてISO感度などの設定を同じにして撮影した。最短距離からレンズの明るさまで同じスペックで、キヤノンとソニーのレンズのセンサーの違いで、ソニーが1.5倍、キヤノンが1.6倍と35mm換算にすると写る範囲が違う。
 上記の写真は、キヤノンのセンサーは、ソニーのセンサーよりも小さいのだが、キヤノンの方が1800万画素、ソニーが1460万画素と画素数ではキヤノンの方が大きい。キヤノンで撮影したところにソニーのNEX5で撮影したものを半分にして貼り付けてみた。画素数による画像の大きさの違いが比較できると思う。
 中央の部分を大きくして原寸大で切り取り、下記に貼り付けてみている。18mmの画角で撮影したものは、キヤノンやソニーのレンズの価格的なことを考えれば、コストパフォーマンスのいいレンズであるといえる。ただ、広角の18mm側での撮影ではたる型の歪みが出てしまうのは価格のことを考えれば仕方がないことかもしれない。
画像

 

ソニー【☆期間限定】デジタル一眼レフカメラα NEX-5K-B ズームレンズキット(ブラック)★送料無料!【NEX5K】
家電のSAKURA 楽天市場店
↓他の色を見る↓  カラーバリエーション    NEX-5K-B(ブラック) NEX-5K-S(シル






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック