コンパクトカメラの画素数アップでどのようなメリットがでてくる?お勧めカメラ。

画像

 コンパクトカメラの画素数が1000万画素や1200万画素から1600万画素や1400万画素と5割ほどアップしたカメラが最近発売されているコンパクトカメラの主流になってきている。画素数が大きくなっているメリットとデメリットを考えてみよう。画像の小さな画像はソニーのサイバーショットHX5Vの1000万画素。大きな画像はペンタックスのRS1000のオプティオで撮影している。
 コンパクトカメラのセンサーは、小さいので画素数が増えても一眼レフほど画像に影響が出てくるものとは思えない。もちろん、センサーの大きなパナソニックのLUMIX LX5やオリンパスXZ1などのようなカメラは、センサーが大きくしたにも関わらず1000万画素に抑えているのがその効果のほどを伺える。つまり、センサーの大きさと画素数と諧調は深く関連性があり、コンパクトカメラのセンサーの大きさである限り、画素数を増やして、今の1000万画素から1400万画素に増やした効果が目に見えそうにはない。
 今の段階で、コンパクトカメラの画素数の大きさとしては1200万画素程度が上限と考えて良さそうである。それ以上画素数が多くなっても、画像に対して大きなメリットはなく、それ以上にカメラに付いているレンズ性能がこの画素数よりも大事な要因になってくる。また、一番、良い状態での圧縮率の低い、高いの状態でも変わってくる。
 画素数よりも、全体的なトータルバランスや機能のあるなしでコンパクトカメラは選んだ方が良さそうである。今一番、進めているカメラは、ソニーのサイバーショットHX5Vを薦めている。新しいHX7Vと後継機が出ているが、価格は旧モデルで半額以下の価格で購入できるもので、画素数が1000万画素でレンズの性能がいいのがお買い得だ。





amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SONY デジタルカメラ Cybershot HX5V ゴールド DSC-HX5V/N の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック