PanasonicGF1で85mmF1.4MFのボケを生かした撮影を楽しむ。

画像

 レンズアダプタを着けてGF1でニッコール85mmF1.4のMFレンズのボケ味を楽しんでみる。マニュアル時代の開放のF1.4のレンズは個性的なレンズが多く、開放でのピンとは合わせても解像力が悪く、ピントがシャープに画像として見えにくい。絞りを少し絞ってあげると解像度が格段に良くなっていくレンズが多いようである。手動でピントを合わせるため明るいレンズはピントを合わせるには有利に働いたものであった。しかし、開放のF1.4の状態での解像度は悪く、その悪さが人物などの撮影には肌の荒れなどをごまかせるレンズとして重宝された面もあった。
 このニコンのレンズは、ニコンが出した85mmF1.4の初めてのレンズである。開放での1.4で撮影した画像は、下記の画像である。
画像

 実際に使える画像として保存するのであれば少なくともF2.0以上にレンズを絞り込んで撮影するのが実質的な使い方かもしれない。実際に使える画像とは、シャープで、ピントの良い状態の解像度を得られる写真のことであるが、F1.4での撮影は、この開放の特徴を良く理解したうえでなければ使いやすいレンズではない。開放のF1.4のボケ味と解像度の悪さを理解して表現すると個性的な画像が生まれてくるのである。
 下記の画像はF4.0の状態で撮影したもの。
画像


SIGMA 85mmF1.4EX DG HSM『Canon用 / Nikon、PENTAX、Sony用、SIGMA用発売日未定予約』
カメラのミツバ
・ポートレートや夕暮れ、風景等の撮影に最適な大口径中望遠レンズです。・APS-Cサイズデジタル一眼レ






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック