写真が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS アベノリスク

<<   作成日時 : 2015/02/11 23:37  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

アベノリスク
今、とても懸念している事がこの言葉です。アベノミクスの実態のない経済政策で、高い支持率で変な方向に日本が変わる懸念が怖いとこの頃感じてしまう。
報道規制で、自主的に安倍政権の批判回避をする報道体制など、今まで報道されてきた事さえ、報道を控えているメディアの危惧などの多くのデメリットが、このアベノリスクである。
年末の忙しい意味のない選挙で多数を占めた政府は、戦後70年の談話を発表するらしいが、安倍政権の「戦後レジュームの脱却」を掲げて、中国や韓国との摩擦を生まなければ良いと考えてしまう。また、自主性のないアメリカ一辺倒の政策でも、この事のこだわれば、ロシヤなどを含めた諸外国からも見放されてしまいそうである。
価値観を一方的に限定し、規制していく「アベノリスク」は、中東のエジプトでの演説のビデオを見ると解るが、とても、人質がいる国の立場の人の言葉ではない。
経済政策でも、格差問題で一人当たりの所得が少なくなっている事を「阿部家の家計を例にとると…。」の言葉を同じ言葉で台詞のように何度も繰り返し、国会での答弁の時間を無駄にしている。実際の所得格差の例を出す説明からの切り崩し方をしないのも、この政権の限界なのだろうと思える。
小泉政権と同じ手法で、同じことを繰り返して言い、都合の悪い事は言わない。だから、アベノミクスの実態のない事柄も良い方向に向かっている感を抱いてしまう。
実際にほ、貿易収支を見ると大幅にこの政権になってから円安の拡大で悪化しているのが解る。
「今は大企業の業績が良くなり、給与も15年ぶりに上がり、この好循環が地方や中小企業のみなさん…。」の繰り返し同じ言葉を言うことで、言葉ではぐらかしてしまう怖ろしさは魔法の呪文のようである。
結局、必要な事や大切な事は同じことの繰り返しで、必要以上に深入りしないし、都合の悪い「集団的自衛権」などの解りにくい事は、説明を詳細に行わず、別なターゲットを持ち出して話題にして羽倉化してしまう手段を取っている。
ほとんどが反対の原発再稼動と福島原発の検証もないままの状態や沖縄県民の反対を押し切っての辺野古移設は、別な話題で萩らかしながら、進めていくやり方は民意を得られる方法ではない。
明日の「戦後70年の談話」で、エジプトでのスピーチのようなウケ狙いの軽率な言葉で、アベノリスクの弊害が生まれなければと案じてしまう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アベノリスク 写真が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる