写真が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS EOSマウントに古いカメラのレンズを着けて活用する。オリンパスペンの広角接写レンズになる。その1。

<<   作成日時 : 2013/04/26 09:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 EOSのレンズマウントにオリンパスペンの28mmF3.5のレンズを取り出して着けてみる。接続は、ニコンのリバースアダプターがあったので、そこに変換アダプターを使って、オリンパスペンの初期型のカメラのレンズだけを着けてみた。
 オリンパスペンは、レンジファインダーのカメラなので、ピントの合うところが28mmのところでフィルムに焦点が合う仕組みになっているが、キヤノンEOSの一眼レフタイプのカメラでは28mmより長くなってしまう。そのため、無限大での撮影は出来ない。そのまま着けるとコンパクトな接写レンズになってしまう。等倍以上の拡大できる接写レンズになってしまう。
画像

 28mmレンズなので、35mmの標準レンズの50mmレンズの約倍の被写界深度がある。つまり、ピントの合う範囲が広いわけである。昔、オリンパスのOMシステムには接写用の20mmなどのレンズがあったが、その必要性が何となく解る気がする。
 等倍から等倍以上に接写すると、ピントを合わせる範囲はかなり狭くなってしまう。もちろん、絞の値を大きくして絞り込んだにしてもピントの合う範囲は大きく変化しないが、レンズの焦点距離の数値が少なくなる広角レンズになればなるほど、ピントの合う範囲が広くなることを考えれば、広角のこの接写能力は面白い。
画像

 写真に撮影したものは、ドイツのブラウンで作っていたカメラ。レンズは、ミュンヘン生まれのレンズが着いているものを撮影した。

【送料無料】SONY デジタル一眼カメラ・ズームレンズキット α ブラック NEX-5RL B [NEX5RLB]
エディオン 楽天市場店
img { border: none;}#CenterCntBoxDowble { float: r


楽天市場 by 【送料無料】SONY デジタル一眼カメラ・ズームレンズキット α ブラック NEX-5RL B [NEX5RLB] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
EOSマウントに古いカメラのレンズを着けて活用する。オリンパスペンの広角接写レンズになる。その1。 写真が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる